デザイン違いで選ぶ婚約指輪はスタンダードなものを選ぶ

新郎新婦

ダイヤモンド以外の宝石

ジュエリー

婚約指輪には様々なデザインが存在していますが、婚約指輪のデザインというのは比較的自由度が高いので使用される素材や宝石も様々です。婚約指輪にはダイヤモンドが使用される事が多いのですが、その他の宝石を使用する事も出来ます。例えば、エメラルドを使用した婚約指輪も存在します。エメラルドは深い緑が美しい宝石です。内包物が多い宝石になりますがコロンビア産やザンビア産のエメラルドなら色味も深く宝石としての価値も高いです。エメラルドには幸せな結婚や無条件の愛といった婚約にはぴったりな意味合いも含んでいます。さらに5月の誕生石になるので、婚約指輪を贈る相手が5月生まれの場合はメインの宝石として選んでも良いでしょう。婚約指輪に使われる宝石は他にも存在します。古来より日本でも珍重されてきた真珠は婚約指輪としても最適な宝石になります。真珠と一言で言っても様々な種類が存在します。真珠には淡水真珠や黒蝶真珠と言った種類もありますし、色もゴールドカラーやピンクカラーも存在します。大きさや形も様々なので婚約指輪で使うバリエーションも豊富になっています。真珠は子孫繁栄や家内安全の意味を含んだ宝石になります。一見シンプルな宝石ですが使い方によっては味わい深いものになるでしょう。婚約指輪に使われる宝石に合わせて土台の素材も色合いを調整していきましょう。日本ではプラチナが支流になっていますが、ダイヤモンド以外の宝石を使用した婚約指輪なら、ゴールドやピンクゴールドとの相性も良いです。